快晴堂 maillot prit evam eva or Slow レディース SAINT JAMES ストラトなどの通販・販売 koko-ti

    koko-ti style

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    PageTop

    小花柄にうっとり.....。

    今日の大阪は、ぽかぽかと春陽気で、
    実店舗 「Saro」 にはいつもよりたくさんのお客様がご来店してくださいました。
    みなさま、本当にありがとうございました。

    そして・・・ご来店してくださったお客様から注目を浴びたこの娘。
    ラベンハムのリバティ柄バッグ。
    この小花柄がとっても可愛らしく、愛らしく。すてきなんです。

    ラベンハムらしく、中綿入りのキルティング加工。
    ふわふわしてとても軽いのです。
    手持ちも良し、ななめがけも良し。見た目だけではなく使い勝手も良さそうです。

    ムジのリネンタイプもあるんですよ。

    P4060009.jpg

    LAVENHAM リバティ柄バッグはこちらから。
    LAVENHAM リネンバッグはこちらから。

    スポンサーサイト

    PageTop

    美しい村

    080805IMG_8883.jpg

    LAVENHAM(ラベンハム)は、
    1969年ロンドン北東部サフォーク州の小さな美しい村から生まれました。


    キルティング加工をしたナイロンの
    ホースラグは1969年の発表と同時に瞬く間に英国中に広まり、
    乗馬用具業界での地位を確立しました。

    ジョッパー達の熱い希望から
    1972年にナイロンキルティングジャケットを発表。
    日本には1992年にLAVENHAMのキルティングジャケットが上陸しました。

    今も、昔から変わらないシンプルなデザインはそのままに
    たくさんのバリエーションで展開されています。

    第一弾はシンプルに。
    いつも着たい。
    そんな一枚です。


    LAVENHAM ラベンハム キルティングジャケット  フードタイプ



    PageTop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。